患者さんの声・口コミ はこちら≫
FDC 千葉臨床歯科フォーラム

医院概要

法花堂歯科医院
(ほっけどうしかいいん)

〒263-0051
千葉県千葉市稲毛区園生町
1223-1A-107

TEL: 043-255-2510

[診療案内]

  • 入れ歯
  • 自家歯牙移植
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 予防歯科
  • 歯周病

JR稲毛駅より
バス『小仲台三又路』下車 徒歩1分

駐車場:完全予約制 
駐車場ご利用の際は、診療予約時に必ずご予約ください。

矯正歯科

矯正歯科とは

矯正治療とは、力が加えられると動くという歯の性質を利用し、矯正装置で歯にある一定の力を加えて人工的に正しい位置へ動かし、悪い歯並びや噛み合わせを治す治療のことです。

歯並びが悪ければ噛み合わせも悪いため、全身の健康に影響を与えたり、精神的にも大きな負担になったりします。

矯正治療は、単に見た目を良くするだけの治療ではありません。歯磨きがし辛く、虫歯や歯周病になりやすかった歯を健康にし、コンプレックスを解消させることにより精神的な明るさを取り戻します。

歯並びや噛み合わせが気になる方、これから矯正治療を始めたいと思っている方は、お気軽にご相談下さい。

こどもの矯正治療(小児矯正)の流れ

成長を利用にて、歯並びをキレイにするのが、こどもの矯正歯科治療です。
こどもの矯正治療の進み方・治療時期をご紹介します。

こどもの矯正治療
カウンセリング

初診・カウンセリング

患者さんが気になる部分を問診し、実際に虫歯や歯周病、噛み合わせなどをチェックします。合わせて、治療期間、費用、装置や治療法などについても相談します。 ご不安なことや疑問点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

精密検査

精密検査

顔・顎・歯のX線写真や口腔内の写真を撮影します。
歯型を採り、顔や口元のバランスや噛み合わせの検査などを行います。

診断・治療計画

診断・治療計画の決定

精密検査の結果をもとに、今後の具体的な治療方法、使用する装置、期間、費用などをを詳しくご説明します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

開始の準備

治療開始の準備

虫歯や抜歯などの前処置が必要な場合は、装置を装着する前に治療します。

早期治療(第I期治療)

早期治療(第I期治療)

内容は人それぞれですが、部分的に治療したり、顎の成長誘導や機能訓練を行います。
矯正装置は、歯や顎の状態によって異なります。就寝中に装着する物や、終日装着する物などがあります。
この時期は、1ヶ月に1回の通院を1~2年続けることになります。

経過観察

経過観察

早期治療が終わり、永久歯に生えかわるまでは、年に数回の通院で、治した状態が安定しているか、新たな問題がないかなどの診察が必要になります。

その後に、本格的な治療へ入ります。

検査・再診断

検査・再診断

経過報告と今後の治療方針・治療方法をご説明します。

本格治療(第II期治療)

永久歯が生えかわったら:
本格治療(第II期治療)

目的に合わせた矯正装置をつけて治療開始です。 装着後はワイヤーの調節や歯の状態をチェックするために、1ヶ月に1回程度の通院を1~3年続けることになります。

保定観察

保定観察

歯がキレイに並び、よく噛めるようになったら矯正装置を外、代わりにリテーナー(正しい歯並びを安定させる装置)をつけます。 この期間の通院は3ヶ月~1年に1度程度です。 歯並びが安定したら、矯正治療終了です。 ただし、歯はもとの位置に戻ろうとするので、治療後も年に一度は定期検診を受けましょう。

大人の矯正治療(成人矯正)の流れ

大人の矯正治療の期間は、平均して2年程必要です。歯の動きには個人差もありますので、2年半+αを目安に、ゆったりとした気持ちで取り組みましょう。

大人の矯正治療
カウンセリング

初診・カウンセリング

患者さんが気になる部分を問診し、実際に虫歯や歯周病、噛み合わせなどをチェックします。合わせて、治療期間、費用、装置や治療法などについても相談します。 ご不安なことや疑問点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

精密検査

精密検査

顔・顎・歯のX線写真や口腔内の写真を撮影します。
歯型を採り、顔や口元のバランスや噛み合わせの検査などを行います。

診断・治療計画

診断・治療計画の決定

精密検査の結果をもとに、今後の具体的な治療方法、使用する装置、期間、費用などをを詳しくご説明します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

治療開始の準備

治療開始の準備

虫歯や抜歯などの前処置が必要な場合は、装置を装着する前に治療します。

本格治療

本格治療

「バンド」や「ブラケット」などの目的に合わせた矯正装置をつけて、本格的な治療開始です。1ヶ月に1回程度、約2年半通院します。「ワイヤー」や「ゴム」の交換をしたり、ワイヤーの調整などの処置をします。

保定観察

保定観察

歯並びがきれいになり、問題なく噛めるようになったら矯正装置を外し、次にリテーナー(正しい歯並びを安定させる装置)をつけます。
保定観察が終わったら矯正治療完了。ただし、リテーナーを取りはずした後、歯が元に戻ったり、新たな不正咬合を起こす場合があるので、治療後も年に一度は、歯並びのチェックを欠かさず行います。