患者さんの声・口コミ はこちら≫
FDC 千葉臨床歯科フォーラム

医院概要

法花堂歯科医院
(ほっけどうしかいいん)

〒263-0051
千葉県千葉市稲毛区園生町
1223-1A-107

TEL: 043-255-2510

[診療案内]

  • 入れ歯
  • 自家歯牙移植
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 予防歯科
  • 歯周病

JR稲毛駅より
バス『小仲台三又路』下車 徒歩1分

駐車場:完全予約制 
駐車場ご利用の際は、診療予約時に必ずご予約ください。

インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療は、歯の抜けた部位に人工の歯根(しこん)を外科手術により埋め込んで、人工歯根が顎の骨に固着した後、人工の歯冠を上から装着する方法です。

インプラントは、永久的なものではありませんが、日々の清掃(歯みがき)と定期的な検診を継続することで、長期的に良好な予後が期待できます。

インプラント治療とは

インプラント治療

歯を1本失った場合

失われた1本の歯根の代用品として、インプラントを1本だけ使用し、失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法で、審美的にも満足のいく結果が得られます。

1本のインプラントにより、自分の天然歯のような自然感を得られます。顎骨の萎縮の心配もなく、本来の骨量を維持できます。ブリッジのように健康な隣りの歯を削る必要もありません。

複数の歯を失った場合

複数の歯を失った場合、インプラントが支持する人工歯(クラウン)が最良の治療方法になります。

複数の健康な歯を削る必要のあるブリッジや、緩みなどによって炎症を引き起こす怖れのある部分入れ歯とは異なり、インプラントは顎の骨にしっかり固定されるため、隣接の歯に悪影響を及ぼしません。

そのため快適で自然であり、自分の歯のように自然に感じられます。

総入れ歯の場合

上顎または下顎の歯が全て失われている場合、現状での治療法は、総入れ歯かインプラントの2つしかありません。

しかし、総入れ歯の場合は、適合不良による痛みや様々な問題点が指摘されています。

インプラントが支持するブリッジや義歯(入れ歯)は、インプラントによって顎と固定されるため、総入れ歯の問題点から解放されます。

インプラントにより、自信を持って笑ったり、おしゃべりやお食事も不安なく楽しむことができます。

インプラントの長所と短所

インプラント、ブリッジ、入れ歯、それぞれの治療法の利点と欠点をご紹介します。

インプラント

インプラント

インプラント治療とは、歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法です。

≪メリット≫


  • 自分の歯と同じように見え、感じられ、機能する
  • 健康な隣接する歯を損ねることがない
  • 発音や発声が従来と変わらない
  • 顎の骨の収縮を予防するため、従来のフェイスラインを維持する
  • 口のケアは自分の歯と同様
  • 自然な咀嚼能力を回復する

≪デメリット≫


  • 入れ歯やブリッジよりも治療期間が長い
  • 外科的手術が必要
  • 自由診療のため、費用がかかる
  • 治療後も定期的にメンテナンスが必要

ブリッジ

ブリッジ

失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法です。

≪メリット≫


  • 保険適用外の材料を選択すれば、自分の歯に近い見た目
  • 自分の歯と同じように咀嚼可能
  • 噛み合わせを回復することができる

≪デメリット≫


  • 隣接の健康な歯を削る必要がある
  • 健康な歯に負担がかかる
  • 歯を失った部分の骨がやせてくる
  • 清掃性が悪くなるため、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある
  • 支えている歯に負担がかかるため、将来的に折れる可能性もある

入れ歯

入れ歯
入れ歯

失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけたり、 顎の上に載せたりして取り外し式の人工の歯で補う方法です。

≪メリット≫


  • 短期間で咀嚼機能の回復ができる
  • 健康な歯で支える必要がない
  • 通常の入れ歯の材質・方法なら治療費が安い

≪デメリット≫


  • 慣れるのに時間がかかり、支えている健康な歯と歯茎にも負担が大きくなる
  • 歯を失った部分の骨がやせる
  • 留め金が見える
  • 総入れ歯では、部分入れ歯以上に不安定で噛むのに苦労し、発音もしにくくなる
  • 異物感がある
  • 食べ物が食べ辛く、硬いものが食べられない
  • 浮き上がったり、外れる心配があり、外出先などでも取り外しをしなければならない

インプラント治療の流れ

インプラント治療は一度の手術のみで終わるわけではなく、手術後の治癒期間、仮歯作成など、いくつかのステップがあります。しっかりとした段階を踏むことで安全性も高まり、治療後の快適な生活が可能になります。インプラントの治療が終了するまでには平均4~9ヵ月かかります。
一般的なインプラント治療の過程には次のような段階があります。

診察と治療計画

治療前の診察と治療計画

病歴や心身および口の状態を慎重に評価し、インプラント治療が行えるか判断し決定します。 
治療計画についての説明を受けます。

※歯型、顔写真、口腔内写真、歯周組織検査、顎運動測定、CT撮影などを必要に応じて行います。

埋入の手術

インプラント埋入の手術

歯がない所へインプラントを埋め込んだ後、顎の骨にしっかりと結合するまで、6週間~6ヶ月ほど待ちます。※骨の状態など様々な条件により異なります。

製作と取り付け

インプラント上部構造(人工歯)の製作と取り付け

インプラントの上に土台を取り付け、その上に人工歯を被せます。
インプラントが骨としっかり結合し安定するまで待ち、この上に人工歯を取り付けます。
※待つ期間は、インプラントの種類・手術法・骨の状態・全身状態などにより異なりますが、おおむね6週間~6ヶ月ぐらいです。

メインテナンス

メインテナンス

インプラントを長持ちさせる為には、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。人工歯は、天然歯のような防御機能がありませんので、毎日の家庭でのケアと定期的な検診をかかさず、きちんとメインテナンスするようにしましょう。



インプラント治療後のケアについて

ホームケア

ブラッシングをしっかり行います。インプラントは天然歯に比べ、構造的に人工歯の根元が細くなっていますので、隙間ができます。普通のブラッシングに加え、歯間ブラシや抗菌剤入りのリンスを使用し、徹底的に口腔内を清潔に保つようにしましょう。

ドクターケア

定期的な検診をかかさず、きちんとメインテナンスするようにしましょう。
最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2~3ヶ月に1回、最終的には半年に1回が目安です。

インプラントの状態や噛み合わせに不都合がないかを調べます。
また、口腔内の衛生状態をチェックし、専門的な清掃(PMTC)を行います。

症例

症例(1) インプラント